2006年04月23日

森美術館という選択

>『東京⇔ベルリン展』森美術館
 渋谷から直行バスに乗って六本木ヒルズにまたやって来た。昨今の事件などでこの人工の場所はスノビッシュな先端の街と言われているが、どうだろう、僕などからすると逆に野暮な田舎者の街だという気がするのだ。きれい事を盲目に求める人は皆、田舎者であるだろう。経済に個人的な正義、義侠心を持ち込もうとする者もまたそうだ。軒を連ねるファッション・ブティックは彼らのエサ箱に見える。あらら、人生の主人公だったはずが、いつの間にか勝手に他人の価値観に組み込まれて行く…。受付をはじめとして警備・案外係りなどのスタッフたちに“行ってらっしゃいませ”などと声を掛けられる。使用人気質が抜けず、且つ小心者なので“ああっ、ハイ スイマセン…”などと弱気に答えてみるが、心の中では“慇懃も無礼の内じゃ、別に公共の場でえばりたい人なんかじゃないよ俺は、ぞんざいでいいから料金安くしてくれないかナ”と思っているのだった。 モバQ 日本におけるドイツ年関連イベント。東京とベルリンという定点を設けて、その同時代でいかなる美術的状況だったのかを検証してみる野心的展覧会。観終わって、その疲労と共に感じることは、120年といった時代を、しかも行く度かの戦争が挟まれる歴史を俯瞰するにしては、この期間は長すぎ、そしていささか抽象的に過ぎるのではないかと思った。発展の歴史を浮かび上がらせるために、それぞれの時代の表現が蔑ろにされてしまったという印象だ。少なくとも(第二次大戦の)戦前と戦後60年に分けた2部構成とするべきだったのではないだろうか。交流を通じての相互理解そして影響といったもの。日本とドイツは世界を敵に回した野心的田舎者同盟国であった訳で、だからそこら辺の、つまり戦争協力、体制迎合的な作品が、もっと場を占めて欲しかったのに、それらがほとんど無かったのは疑問であった。反戦を考えることは、反戦の表現をだけ見ることではない。軽く歴史修正しませんでした 手(チョキ) それにしても国際交流での催し物ということでか、暗に自主規制したという感じは拭えない。まず服(建前)を脱ぎ捨て、裸のつきあいでなければ。きれい事だけでは意味が無い。学芸は政治イデオロギーについて無味無臭的な立場をとるべきではない。そして策略的でなければならない。考えてみれば政治などというものは、文化に対しての抵抗体ないし絶縁体としても機能するのだという恐怖はいつでも持っていた方がよい。ナチにおける退廃芸術とは、画家としてのヒトラーのコンプレックス以外にどのような意味があったのか。そういった類の為政者にとって芸術とは街に貼られるスローガン・ポスターと大差は無いのだろう。眼鏡 結局、心に残ったのは日本(最後の時点で東京、ベルリンという都市の括りは無意味なものになっている)側の作品だったというのは皮肉だ。ドイツ側の作品はきれいさっぱり忘れ去ってしまった。これは極私的な問題だろう。自分の度量のなさに悲しくなり落ち込んでしまった。 もうやだ〜(悲しい顔) 前にも森美術館に訪れたときに感じたのだが、まず欲張りすぎたキャパシティーが良くない。これに合わせて作品を陳列するので膨大になる。それらは数秒、六本木ヒルズ見学のご一行様田舎者に眺められて忘れられるのだ。忍びないと思う。作品を前にして考え込みたい僕にとってこれは1日以上掛かるものだから、まるで拷問だ。だから今回は実際のところ何も観なかったとも言える。 本 カタログは390ページ弱。2800円。印刷は美術印刷と言えばここ、印象社。学術書と考えれば展覧会の図録は実に安い。良心的だと思う。ISBNコードを付けて出版流通にのせるべきなのでは。なお3年ほど前、町田市立国際版画美術館で“ハンナ・ヘーヒ”として紹介された作家名が今回“ハナ・ヘーヒ”となっていた。表記の統一が望まれるところである。

この後、映画鑑賞へこちらです。
posted by きびだんご at 23:59| 東京 ☁| 展覧会感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。